★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典返しのマナー(品物選び、贈り方)

香典返しの金額相場 【マナーガイド】

香典金額の大体の相場(目安)・・・勤務先(仕事)関係は5千~1万円、親戚関係で1万~3万円...といわれています。もちろん、故人との”付き合いの深さ”によって金額は異なってきますが、実際には 3千円、5千円、1万円という金額が多くなることと思います。その際の香典返しの金額目安は、以下のようになります。

香典額 3千円 5千円 1万円
香典返し 1,000~1,500円 1,500~2,500円 3,000~5,000円

一般に香典返しは「半返し」が常識と言われ、頂いたお香典の”半額程度”を目安に品物(返礼品)を選び、挨拶状を添えてお返しするものとされてきました。

しかし、最近では「三分返し」(3分の1相当の品物を贈る)や、「送料込みの半返し」といったケースもあるようです。

関東の「半返し」、関西の「三分返し」といわれるように、地域によっても相場が変わってきます。

特に関東を中心とした都市部では、葬儀の当日に香典返しを行う「当日返し」(即日返し・その場返しとも呼ばれます)が浸透してきています。当日返しでは、香典の金額に関わらず一律の金額(2,500円くらいが相場)の品物香典返しとして渡すケースが多いようです。

以上のように香典返しの相場は、時代と共に多様なケースへと変わってきています。

あくまで香典返しは、贈る側の”気持ちの問題”ですので、金額にこだわる必要はありません。

しかし相場を重んじるのであれば「半返し」が無難といえるでしょう。
一家の家計を支える方(世帯主の方など)が亡くなった際は「三分返し」が目安になります。

香典返しに適した品物(返礼品) 【マナーガイド】

香典返しの品物(返礼品)は、消耗品などの”後に残らない”ものが良いとされています。
※形で残る品物を贈ると、それを見るたびに故人を思い出してしまう事への配慮からです。

例えば、
 ・食品(菓子類、乾物食品など)
 ・お茶、のり
 ・調味料
 ・コーヒー、紅茶
 ・寝具(毛布、シーツなど)
 ・タオル
 ・洗剤
 ・石鹸、シャンプー、入浴剤
 ・器(陶器、漆器など)


品物ですと先方様によって好き嫌いがあるので、商品券も選択肢の一つでしょう。
しかし、なかには「香典は気持ちだったのに、お金で返された」と不愉快な思いをされる方もいらっしゃるようです(^^;)。

最近では、商品券よりも、受け取る方が自由に品物を選べるカタログギフト(選べるギフト)」の人気が高くなってきています。

熨斗(のし)紙と表書き 【香典返しのマナーガイド】

香典返しの返礼品には、弔事用熨斗紙(のし紙・掛け紙)をかけるのがマナーです。

熨斗紙の水引きは「黒白結び切り」が一番使われますが、大阪や京都などの関西地方や一部の西日本などでは「黄白」を用います。
(九州や四国では「黒白」です。また東北地方でも「黄白」を用いる地域もあります。)

香典返し のし紙 水切り黒白香典返し 熨斗紙 水切り黄白

表書きには「志」と記すのが、どの宗教でも使用可能で最も一般的です。

仏式ではほかに「忌明志」「満中陰志」、神式では「偲び草」 「今日志」、キリスト教では「感謝」 「昇天記念」(プロテスタント)とも書きます。

通常、表書きの下(水引きの下)には喪主や差出人の苗字のみを記します。

※香典返しの表書き
宗教 表書き(よみかた)   備       考   
(こころざし) どの宗教の香典返しでも使える表書き
仏式 忌明志(きあけし)
満中陰(まんちゅういん)
満中陰志(まんちゅういんし)
49日(忌中)が明けたことに対する感謝の意味
死後四十九日目を満中陰と呼ぶことから
満中陰をより丁寧にした書き方
神式 偲草(しのびぐさ)
偲び草、しのび草
茶の子(ちゃのこ)
今日志
三十日祭か五十日祭の後に送る場合の書き方
偲草と同じ
ささやかなものという意味
キリスト教 感謝(かんしゃ)
粗品(そしな)
昇天記念(しょうてんきねん)
 
 
プロテスタント

香典返しに商品券は?【マナーガイド】

商品券や金券類は、先方様の使い勝手の良さや合理的だという考え方から、香典返しの返礼品として使われる方もいらっしゃるようです。

しかし商品券は、金額(格差)がはっきりわかってしまうことなどから、厳(おごそ)かな”気持ち”の表れである香典のお返しとしては、「マナーに反する」という声もあるようです。

ギフト業界では商品券の代わりになる商品としてカタログギフト(選べるギフト)が考案され、今では香典返しでも広く認知されるようになっています。先方様の自由度およびマナーを考慮するならば、商品券よりはカタログギフトのほうが良い選択といえるでしょう。

先方様の希望などにより、どうしても商品券を使用する必要がある場合は、一般商品カタログギフト併用してお返しする方法もあります。例えば、お香典を5万円いただいた場合、香典返しの予算が25,000円・・・だとすると、商品やカタログギフト15,000円+商品券10,000円(=トータル25,000円)というふうに。ただし、こういうお返しの仕方は、ある程度高額のお香典をいただいた場合に限られますね。

ちなみに商品券で一番安心なのは「全国百貨店共通商品券」です。全国のデパートどこでも使えるので安心です。その他「DCギフトカード」「UCギフトカード」等は百貨店のほかスーパーやホテルなどでも利用できるので、こちらも使い勝手はいいでしょう。

香典返しにカタログギフト 【マナーガイド】

最近の香典返しの傾向として、先方様がカタログの商品から自由に選べるカタログギフト」を返礼品に選ぶ方が増えてきました。

贈る側も便利だし、もらう側にも喜ばれるカタログギフト。そうしたメリットが大きくクローズアップされがちですが、当然デメリットもあります。

【カタログギフトのメリット】
 ・先方様がその中から”好きな商品をチョイス”できる
 ・金券の代わりに”自由度の高い”ギフトをお贈りできる
 ・消味期限等がなく、”持ち運びにも便利”
 ・先方様が自分の家族などにも”自由に差し上げる”ことも可能

【カタログギフトのデメリット】
 ・先方様がきちんと選んでハガキを送ってくれるかどうか?
 ・希望商品が在庫切れになっていたりして、”希望通りいかない”場合もある
 ・そもそも希望するような”アイテムがなかなか無かったり”する

 ...等々

上記を考慮すると、ご返礼にはカタログギフトは上手に使う必要がありますね。
例えば以下のような方にはカタログギフトは喜ばれるでしょう。

【カタログギフト向けの方】  ・年齢の比較的若い方
 ・時間があり、じっくりとカタログから選ぶのが好きな方
 ・お子様などに差し上げることのできる方
 ...等

逆に次のような方には別の商品(食品、タオル、石鹸などの無難な消耗品)のほうがいいかもしれません。

【カタログギフト向けでない方】
 ・ご年配で一人では方法がわからなかったり、選ぶのがむずかしいと思われる方
 ・時間がなく忙しくしていて、じっくり選ぶひまのない方
 ・会社名義など団体や組織、連名でお香典をいただいている場合
 ...等