★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典返しのマナー(品物選び、贈り方)

商品券や金券類は、先方様の使い勝手の良さや合理的だという考え方から、香典返しの返礼品として使われる方もいらっしゃるようです。

しかし商品券は、金額(格差)がはっきりわかってしまうことなどから、厳(おごそ)かな”気持ち”の表れである香典のお返しとしては、「マナーに反する」という声もあるようです。

ギフト業界では商品券の代わりになる商品としてカタログギフト(選べるギフト)が考案され、今では香典返しでも広く認知されるようになっています。先方様の自由度およびマナーを考慮するならば、商品券よりはカタログギフトのほうが良い選択といえるでしょう。

先方様の希望などにより、どうしても商品券を使用する必要がある場合は、一般商品カタログギフト併用してお返しする方法もあります。例えば、お香典を5万円いただいた場合、香典返しの予算が25,000円・・・だとすると、商品やカタログギフト15,000円+商品券10,000円(=トータル25,000円)というふうに。ただし、こういうお返しの仕方は、ある程度高額のお香典をいただいた場合に限られますね。

ちなみに商品券で一番安心なのは「全国百貨店共通商品券」です。全国のデパートどこでも使えるので安心です。その他「DCギフトカード」「UCギフトカード」等は百貨店のほかスーパーやホテルなどでも利用できるので、こちらも使い勝手はいいでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/486