★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

葬儀・法要について

故人がご逝去されてからの法事(法要)について、”仏式”の場合を例に、以下にまとめて記します。

通夜
  (ご逝去当日
   及び翌日の夜)
故人と親しい方が葬儀の前夜に集まり、別れを惜しんで過ごすためのものです。 ※香典返しは、このときにお返しする即日返しで対応する地域もあります。
葬儀・告別式 最近は、葬儀と告別式をまとめて行う場合が多いようです。 ※香典返しは、このときにお返しする”即日返し”で対応する地域もあります。
香典返し
(準備)
(ご香典返し・法要の引出物準備)
忌明けの挨拶とともに、香典返しを贈れるように準備を進めます。

ご返礼の準備
・香典帳の整理、ご返礼先様名簿の作成
挨拶状の印刷
香典返しのお品選び

また、喪中の準備も忘れずに。

以上の作業はすべて、香典返し専門店などでお品物(返礼品)を購入することにより、殆ど無料で行ってくれます(代行サービス)。
二七日法要
  (ふたなのか)
死後14日めにあたります。自宅で法要を済ませる場合が多いです。
三七日
  (みなのか)
死後21日めにあたります。自宅で法要を済ませる場合が多いです。
忌明け法要
  (四十九日・
   満中陰)
死後49日めにあたります。最近の傾向としては、忌明け直前の日曜日に行う場合が多くなっています。親戚・知人を招いて執り行います。

一般的には「四十九日法要」と呼ばれますが、地方・宗派などによって呼称が違います。関西の方では「満中陰(まんちゅういん)」という呼び方が定着しているようです。仏式では、四十九日・満中陰をすぎると死者の霊がその家から離れるといい、この日を「忌明け(きあけ)」としています。

たいていのお宅ではこの日の法要は大がかりに行います。またお骨も、この日までが家に置いて祀(まつ)る限界とされ、お墓の用意がこれまでにできなければ、お寺や共同墓地の納骨堂にお墓ができるまで祀ってもらいます。

忌明けの宴(精進落とし)
四十九日・満中陰法要が済んだ後は、列席していただいた方々を、お料理やお酒でもてなします。帰りに引き物を付けるのも、最近では一般的になっています。
香典返し
(発送)
忌明けの挨拶と香典返しの発送を行います。 ◇

この後の法要
四十九日法要・満中陰が過ぎると、あとは百日目になるまで、特に法要といったものは行いません。”月命日”と呼んで毎月亡くなった日などには、近親者が仏前にお供物をしたり、花をあげたりする程度です。

年忌・法要について
菩提寺の場合はたいていお寺から通知が来ます。これを受け取ったら、故人と親しかった方たちに、「○回忌の法要を○○寺で何日何時から行う」といった通知を出します。

※その他、葬儀後の知識と心得

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/495