★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典返しのマナー(番外編)

葬儀で頂いたお香典に返礼(香典返し)をされる方は、全体の9割を超えると言われています。

しかしなかには香典返しはせずに、頂いたお香典をどこかの団体へ寄付されるという方もいらっしゃるようです。ご喪家によって事情があるかと思いますが、それが故人の遺志なのかどうか、もしそうであるならば尊重すべきでしょう。

その際には、香典を頂いた方々へは寄付した旨を伝えるのがマナーです。四十九日法要の後、通常は香典返しを行う時期に、(寄付した旨を記載した)手紙をお送りするのが適切な方法でしょう。

また、頂いたお香典の全額を寄付するのではなく、一部を寄付に充てるという方もいらっしゃるとのこと。その際は、四十九日法要後に(半返しまではいかない)少額の返礼品を用意し、寄付の旨を記載した挨拶状を添えて発送するという方法がとられるようです。相手にも気遣い、故人の遺志も尊重した、実にスマートでマナーをわきまえた良い方法といえます(^^)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/492