★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典返しの概要

香典とは、香にかえて「死者の霊前に供える金品」のことをいいます。

香典返しとは、葬儀の際に頂いた「香典のお礼」として、挨拶状を添えて品物(返礼品)を贈ることをいいます。

香典返しは元々”仏式”のもので、四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に行います。「忌明け当日から1ヶ月以内」に香典返しを行うのが一般的です。

”神式”では三十日祭または五十日祭の後に行います。
”キリスト教式”では特に決まっていませんが、一ヵ月後の追悼ミサや召天記念式後に香典返しをするのが通例となっているようです。

最近では、あらかじめ一律金額の品物を購入しておき、葬儀や通夜において香典返しを行う「当日返し」(即日返し・その場返しとも呼ばれます)というお返しもあるようです。香典帳の整理など、葬儀後に手間がかからない事から、近年都市部を中心に少しずつ増えているとのこと。

また香典返しは、デパートや専門業者などの代行サービスを利用して行われるのが、今や一般的になってきています。品物選びから熨斗(のし)紙がけに挨拶状、こうした手間のかかる香典返しの作業は、時代とともに簡略化・合理化される傾向に向かっているといえるでしょう。

⇒ 香典返しの金額相場

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/482